~弾き語りからアコギソロまで〜

ザ・キングトーンズ『グッド・ナイト・ベイビー』の「パパもほぅ♪」に取りつかれていた中学時代

 
170323-00
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

ジワリ系の名曲を、ザ・キングトーンズから2曲、桑名正博から1曲、紹介します。
楽しんでいただけたら嬉しいです♪

グッド・ナイト・ベイビー ザ・キングトーンズ

この歌が流行っていた当時、私は中学2年でした。歌の良しあしはともかくとして、「パパもほぅ」の「ほぅ」が完全に刷り込まれちゃって、家でも学校でもみんなほぅほぅやってました。

テレビに出る歌い手さんは実力があって当たり前、そんな時代です。
AKB48みたいな学芸会集団とか、エグザイルの抱き合わせ商法とか皆無の時代。レコードだけ、コンサートチケットだけ、欲しいものをピンポイントで買わせてくれる良き時代でもありましたね。

では、動画紹介です。
デビュー当時よりも、年齢を重ねてからの枯れた感じのこの歌の方が自分は好きであります。

 

ザ・キングトーンズ グッド・ナイト・ベイビー

~グッド・ナイト・ベイビー~ 歌詞

きっといつかは 君のパパも
わかってくれる (二人の愛を)
後ろを向いた ふるえる肩を
抱いてあげよう だから


グッド ナイト
グッド ナイト ベイビー
涙こらえて 今夜は このまま
おやすみ グッドナイト
グッド ナイト
グッド ナイト ベイビー
涙こらえて 楽しい 明日を
夢見て グッドナイト

やっとみつけた この幸せは
誰にもあげない (二人のものさ)
涙にぬれた 冷たいほほを
ふいてあげよう だから
※~※くり返し

歌詞参考 Uta-Net

二人の付き合いを父ちゃんが認めてくれない。
でも、元気出しなよ、絶対君を幸せにするから
男の愛の深さを感じさせる歌ですね。

 

暗い港のブルース ザ・キングトーンズ

この曲は何と言うか、かなりベタで、クサい。クッサ!なんだけど、聞いてるうちにジワッと心に沁みてくる名曲です。こういうのを大人の歌というんだねー。うんうん。

暗い港のブルース

 

~暗い港のブルース~ 歌詞

いとしい人 あなたは今
名前さえ告げずに 海に帰るの
白い霧に 目かくしされ
遠い船の汽笛 僕は聞いている
かりそめの 恋を叫んだけれど
あふれくる 涙 涙 涙
切れたテープ 足にからめ
あなたの影を追う 暗い港

さよならは 死ねというも同じ
かれはてた 涙 涙 涙
不幸色した ランプゆれて
あなたを今日も待つ 暗い港

歌詞参考 Uta-Net

 

『月のあかり』 桑名正博

これはたぶん原曲の音源です。最初にみんなの耳に入って来た音です。
本人であっても、時が流れるにつれて歌い方に変なクセがついたりするものですが、これは素直に耳に入ってきますね。

これを弾き語りでやっちゃったなら、、、もうカッコイイ!としか表現できないでしょうね。
月のあかり

~月のあかり~ 歌詞

灯りをつけるな 月の光が
やさしくお前を 照らしているから

ふり向くなこの俺を
涙ぐんでいるから
長い旅になりそうだし
さよならとはちがうし

この街から 出てゆくだけだよ

お前のしぐさの ひとつひとつが
どれだけこの俺 救ってくれたか
うまくは言えないよ
胸がつまっているから
わがままは生まれつきさ
お前も気づいていたよ

愛しているのさ はじめて言うけど

ふり向くなこの俺を
涙ぐんでいるから
長い旅になりそうだし
さよならとは違うし

この街から 出てゆくだけだよ

この街 出てゆくだけだよ
この街 出てゆくだけだよ

歌詞参考 Uta-Net

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. Daniel Kitty 爺 より:

    わだしらの年代はこうゆう音楽聞くと妙に落ち着く。
    「あの頃は良かったなぁ」
    っていう感じに。
    涙が出てくるねぇ。
    今夜は良く眠れそう。(^^♪

  2. 音楽の力ってスゴいですよね。
    一瞬であの頃の気持ちに戻りますね。
    確かに、あの時代は歌詞もメロディも
    良いのがいっぱいありました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.