~弾き語りからアコギソロまで〜

アコギでダイヤモンドヘッドのオリジナル版をリアルに再現するココぞ!のポイント

 
170325-00
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

ベンチャーズのダイヤモンドヘッドは実はアコギでも人気があります。
エレキの曲がアコギでも人気があるって面白いですよね。

今回の記事ですが、弾き方で音が違ってしまう、という話です。
あの人はウマいとか、この人は下手とか、そんなレベルの話ではありませんのでここでお断りしておきますね。

ダイヤモンドヘッドの決めどころ

まずは下の動画で、アコギのダイヤモンドヘッドと、本家ベンチャーズによるエレキのダイヤモンドヘッドを聴き比べてみて下さい。

アコギ・ダイアモンドヘッド 中村たかし

本家ベンチャーズ ダイヤモンドヘッド

 

いかがでしょうか?聞き比べの結果、何か感じませんでしたか?

中村たかしさんの0:15あたり、
「タラタタラタ…♪」のフレーズの音が小さいのです。
テケテケは良い感じですね。素晴らしいアレンジだと思います。

本家ベンチャーズの0:16あたり、
「タラタタラタ…♪」の音をしっかり出しているのがわかると思います。

で、この両者、指で弾いてるのと、ピックで弾いてるという違いはありますが、実は決定的に違っている部分があります。

人間の記憶は第一印象が強く残る

ベンチャーズのダイヤモンドヘッドというと、「テケテケ」か、上の「タラタタラタ…♪」のフレーズを思い浮かべる人が多いかと思います。

つまり、アコギでベンチャーズをやるとなると、「タラタタラタ…♪」はとても重要なフレーズなのです。
重要なフレーズなのに音が小さいというのはかなりもったいないです。

 

スポンサードリンク

アコギバージョンでも本家を忠実に再現すべき

小指を支柱にすると音が貧弱になる

アコギやってる人に多いのが小指をボディに着地させて弾くというスタイル。
何故そうするのか?
これは目的の弦を確実に捉えるためですね。演奏ミスを減らすための対策です。

実は私はこの方法が好きではありません。
なーぜーか?
小指をボディに置いてるがためにほかの指が動きを制限されてしまうんです。

制限されてるから小さい音になる
だから、必然的に音が小さくなります。斜め下からかすめる感じで弾くので音が芯を捉えていないのも残念。これはあくまで私個人が感じていることです。

これを改めて上の動画で確かめてみてください。
ベンチャーズは小指をボディから離して弾いています。とても弾き慣れていて、もう無意識にやってる感じです。

では、アコギプレイヤーはダイヤモンドヘッドをどう弾いたら良いのでしょうか?

左手、胸、肘でギターを固定する

小指をボディから離して自由にすればほかの指も解放されます。小指をボディに立たせるのは、おそらく自然とギター本体を固定するということにも使われているはず。
左手、胸、小指(手のひら)、でギターのボディを安定させてるんですね。

この方法はしないで、クラシックギターと同じように、左手、胸、肘でギターのボディを固定したら小指は使わないのでほかの指を自由に動かせます。

自由な経路で弦を弾けるので、芯を捉えた音が出せます。これなら、「タラタタラタ…♪」の一つ一つの音をシッカリ出すことが出来ます。

バンド

音重視のスタイルで弾きこなす

小指を立てて弾くというのは、演奏者の都合優先のスタイルです。(私はそう思っております)
結果、音が殺されています。(私はそう思っております)

芯があって届く音を出すには芯を捉えて弦を弾く必要があるのです。そのためにクラシックギタースタイルで弾こう!ということです。

このスタイルをモノに出来れば、アコギのスタンディングのプレイでも、クリアーな大きな音が出せるようになります。
より原曲に近づくので、聴いてる方もノリノリになりますよ。

クセが取れるまでは時間がかかります

あとは時間をかけて調整していきましょう。
・最初はゆーっくり
・何度も繰り返す
・徐々にノーマルスピードに持っていく

という流れで忍耐強く練習しましょう!

 

アコギでベンチャーズを弾くオススメの楽譜本

~目次~(参考:Amazon)
1 ■【ソロ・アレンジ】 (模範演奏)
2 アパッチ
3 クルエルシー
4 ウォークドントラン(急がば廻れ)
5 木の葉の子守唄
6 10番街の殺人
7 テキーラ
8 ダイアモンドヘッド
9 パーフィディア
10 パラダイスアゴーゴー
11 ハワイファイブオー
12 バンブルビーツイスト
13 秘密諜報員
14 ブルースター
15 ブルームーン
16 蜜の味
17 レッツゴー
18 ■【デュオ・アレンジ】 (模範演奏+マイナス・ワン・カラオケ)
19 朝日のあたる家
20 パイプライン
21 キャラバン

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.