南こうせつとかぐや姫 神田川 アイキャッチ

南こうせつとかぐや姫の『神田川』は、切ないヴァイオリンの音色で始まりますが、その切なさをクラシックギターで再現してみよう、という内容です。

ここで紹介する方法は、コードとメロディーを分けるので、2人の演奏者が必要です。
クラシックギターでいえば、重奏という演奏スタイルになります。

記事の後半に、逸話もありますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

2人で演奏する場合を想定しています

ヴァイオリンの音色の特徴のひとつに、自然なグリッサンドがかかる、音の持続が長い、というのがあります。

グリッサンドと音の持続をどうやってクラシックギターで再現するか、というところがポイントになります。

1.グリッサンドの効果 → 3弦だけを使う
2.音の持続の効果 → トレモロ

3弦とトレモロで、グリッサンドと音の持続の効果、を狙います

3弦だけ、の弾き方

神田川のイントロの音階です。

(キー:Em ファ#)
ミ レ ド シ ド レ
①レ ソ ラ シ レ ミ ②シ
ミ レ ド レ ファ# ソ ファ#

これらの音をすべて3弦上でトレモロで弾きます。
1本の弦だけを使用することで、グリッサンドの感じを出します。

弾き方の決め所は2か所

①レのコツ
開放のソに向かってグリッサンドを強調する。
滑り台からツィ~と滑り降りるような感じをイメージしてください。

②シのコツ
16フレットの音(最高音)。
前のミからのスムーズな移動を意識してください。

ひと足先に3弦の16フレットに視点を固定。
指の先に目があるつもりで、3弦の感覚を頼りに、16フレットに向かって一気に指を滑らせます。

 

トレモロの弾き方

このトレモロ奏法は、人差し指をピックのように使います。
親指と人差し指でピックを挟んだ感じで、人差し指で弾きます。

 

構えはこんな感じ。
南こうせつとかぐや姫 神田川 トレモロ 上から見た画像

 

赤い丸の箇所を支点にして、上下に細かく往復させます。
16分音符なので、1拍の間に2往復で4回弦を弾きます。
南こうせつとかぐや姫 神田川 トレモロ 正面から見た画像

この奏法は初めて、という方は、この機会に覚えておきましょう。
覚えておくと重宝するテクニックですよ。

トレモロは粒を揃える

トレモロはi指(右手の人差し指)をピックに見立てて、16分音符の速さで弾きます。
ギター合奏の経験がある人は、やったことがあるのではないでしょうか。

i指は出来るだけコンパクトに動かすと細かいトレモロが出せます。

1拍4個の音をしっかりムラなく出すように、正確に弾いてください。
意識すると良い音が出るので、意識するのは忘れないようにしましょう。

原曲を聞いて練習しましょう

YouTubeにはオリジナルもアップされているので、動画を観ながら練習を重ねてください。

神田川は曲調はゆっくりなので、ゆったりと情感を込めて、自分がヴァイオリンを弾いてるつもりで16分音符のトレモロを弾きます。

グリッサンドは強めにかけると、オリジナルの雰囲気に近づきますよ。
オリジナルをまねるのが一番おすすめの練習法です。

運指について

出来るだけ滑らかな演奏を、というのが運指の基本です。
自分で実践しつつ、指を運びやすい運指を見つけてください。

ミ→②シ、の箇所は、3の指(左手の薬指)を素早く移動させるのがいいと思います。

 

スポンサーリンク

【逸話】南こうせつとかぐや姫『神田川』は20分で完成した

この情報はYahoo!ニュースで知った内容なのですが、元が削除されてしまうといけないので、こちらでも紹介しておきますね。

ドキュメント形式でお伝えします。

----------------------------------------------------

南こうせつはアルバム『かぐや姫さあど』に入れる曲が欲しかったので、喜多條忠に作詞を依頼。

締め切りがなんと「きょう中」。

喜多條は頭を抱えてタクシーに乗り込むが、タクシーが神田川を渡っているときに、数年前に3畳一間のアパートで彼女と同棲していた光景を思い出す。

自宅で原稿用紙にタイトルを書き、名曲『神田川』の歌詞をわずか15分で書き上げた。

こうせつに電話で歌詞を伝える。
メモを取り終わって1秒後に、こうせつの頭の中でメロディが完成。

5分後、こうせつは喜多條に「曲ができたから聞いて」と電話。

アルバムの中の1曲の予定だったが、ラジオで紹介したらリクエストが殺到。
急遽シングルカットが決定。

かくして『神田川』は150万枚のミリオンセラーとなったのでありました。

ニュースソースはこちら

----------------------------------------------------

名曲だから、練りに練って完成したのかと思いきや、20分で完成とは驚きましたね。

こうせつさんと喜多條さんに、作詞・作曲の神様が舞い降りてきたのかも知れません。
タイミングって面白いですよね。

はい、そんなエピソードを思い出しつつ、トレモロのイントロで神田川を歌ってみて下さいね。

この記事のタイトルとURLを
コピーする
スポンサーリンク
おすすめの記事