趣味って何 アイキャッチ

いろいろ趣味をやってる人は多いと思いますが、自分にとっての趣味は何なのか?といったあたりは、考えていない人が多いかも。

今回は、趣味ってこんなものなんじゃないか、というのを考えてみました。

スポンサーリンク

趣味はDNAの発現ではあるまいか

趣味は才能と大きく関わっていて、その才能は上から受け継がれていると思うんです。

両親が持っていた。
祖父母も持っていた。
同じものが自分の中にも流れている。

とまぁ多少大げさなのかもしれませんが、そう考えると何か1本通る感じがするんです。

結婚という形で、新たなDNAが入ることで、消えたり、新しくできたり、長い歴史をたどれば変化があるんじゃないでしょうか。

人は十人十色、きっと趣味も同じ

料理もそうですよね。

例えば、お蕎麦屋さん。
ひとつとして味が同じ、ということはありません。

少しずつ何かが違う。
麺だったり、具だったり、そばつゆだったり、それぞれの店の味があります。

育った環境、それまで体験したこと、その人の感性や感覚。
いろいろな要素が絡み合って、その人の趣味を作っている。

だから、同じ趣味をやっていても、違った音や作品になるのでしょうね。

 

趣味は最高のサプリメント

味のある、っていう表現があります。
「あの人の歌は、上手というわけじゃないんだけど、何か味がある。」といった表現です。

ということは、何も達人になる必要もないんじゃないでしょうか。
味がある、と評価されてるということは、評価してくれてる人の心には届いてる、と私は解釈します。

 

私なら、もしそう言ってもらえたら、とても嬉しいです。
気持ちがポカポカしてきそう。

だって、それも感動の表現の一つだと思うから。

こんなふうに考えると、趣味って最高のサプリメントですよね。

 

スポンサーリンク

上達の秘訣

何かと上手な人と比較しがちです。
私もかつてはそうだったかもしれません。

でも、すでに達人の域に達してる人と比較するのは、まったく持って意味がありません。

自分がそこまでいけるのか、いけないのか、どれくらい練習したらいいのか、そんな答えのないことに悩んでも、何も得るものはないと思うから。

地道にマイペースでコツコツ。
それで十分です。

おっと、マイペースっていうのは、怠けながらということではありませんよ。
自分としてはベストを尽くしている、というのが理想のマイペースです。

比較するなら自分と|それが基本

自分と他人はすべてが違います。
だから比較の基準にはなりません。

自分はいつも自分です。
いつも同じ。

だから基準に出来るんです。

調子がいい、悪い。
今日は気分が乗らない。
自分が基準なら、すべてを比べることが出来ます。

出来なかったことが出来るようになった。
「やった!できた!嬉しい♪」
これは間違いなく自分との比較です。

自分と比較しながら上達していく、というのが趣味上達の王道ではありますまいか。

趣味を生きがいにまで高める、という考察

シニアの趣味は、生きがいという位置づけが良い、と私は考えます。

この趣味ならあの人、というのを目指すんです。

技術で認められるもあり、味で認められるもあり、マイペースでやり込んでさえ行けば、味は出ますよね。

この趣味ならあの人、というレベルになれたら、もうその趣味があなた自身になる。
なかなかカッコイイ、ステキ♪

私もそうなりたいです。

趣味をやる最大の意味というか、最終目標をそこに置いてもイイかもしれません。

この記事のタイトルとURLを
コピーする
スポンサーリンク
おすすめの記事