~弾き語りからアコギソロまで〜

チューナーとメトロノームにスマホのアプリを使ってみた感想

 
アプリ チューナー メトロノーム
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

フと思い立ち、スマホ(iPhone 7Plus)でチューナーアプリをDLしてみた

無料で使えるのがあったらラッキー♪
アプリの使い勝手を確認
という2つの意味で、チューナーアプリをDLしてみました。

「Lite by plusadd」という無料アプリです。
アプリを開いたインターフェースはこんな感じ。

アプリ チューナー右のスピーカーアイコン表示 → 画面に表示された高さの音を出す。
これは調子笛(ピッチパイプ)と同じですね。自分の耳で判断しなくてはいけません。これは周囲に音があるとなかなか使いにくい。

左の音叉アイコン表示 → スマホの内臓マイクで音を拾ってチューニングする。
周囲の音まで拾ってくれちゃうので、チューナーが判断しかねて表示してくれなかったりします。ステージ前の控室なんかだとみんなボロンボロンやってるので使い勝手は悪いでしょうね。

<結論>
たぶんあまり出番は無いと思う。必要性を感じさせてくれない。
無料なので広告が邪魔をする。
専用のチューナーを忘れちゃった、という場合の緊急用に、取りあえずそのまま置いておくことにしました。

 

やはり専用チューナーが一番

チューナーといえば、現在はクリップ型が主流ですね。ギターのヘッドを挟んで使えちゃうところが、多くのギター愛好家のハートをつかんでるっぽい。
私は出先ではこれを使っています。

ヘッドに挟んでダイレクトに音が届くので周囲の音も関係なし。

音叉も持ってた方が良いでしょう。

音叉を使ったチューニングも並行してやると音感が鍛えられます。

 

家使いのチューナー

チューナーとメトロノームの一体型。
ペースを刻みながら練習することもあるので、これだと便利に使えます。

メトロノームのアプリはどーよ?

「SmartMetro」というのをDLしてみました。
こちらは、有料無料に関わらずスマホの限界、という感じ。あ、これは個人的な見解でございます。
・タッチパネルのメトロノームというのにどうも違和感を感じてしまいまして。。。
・7Plus だとデカい。
・上の TM-50 とかを知ってるので、やっぱりそっちに気持ちが傾く。専用機だから確実に便利。

と言ったところで、こちらも、専用を選択、となりました。
ギターが好きだから、関連ツールの使い勝手にはこだわりたいのです。

 

まとめ

スマホアプリは万能ではない
本気でやってる事に関しては『それ専用』を使うべき

アプリを選ぶって、百均を使いこなすみたいな感じ、ですかね。
これで使えるなら安い!と思って買ったら使えなかった、っていうのが過去の百均買いでけっこうありましたもんで。

ただ、チューナーもメトロノームもアプリを置いておけば何かの時に役に立つ時がありそうなので、そのままにしておこうと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.