~弾き語りからアコギソロまで〜

コットくん登場!我が家のマイペース猫を紹介しま~す♪

 
我が家のペット猫
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

今回は趣向をガラリと変えまして、我が家のペット猫、コットくんを紹介します。
(キャッチは別猫ですよー。)

もう2年くらい経つでしょうか。

ぽろ夫人(あ、妻です)の会社の飲み会が浦添市(那覇市のとなり)というところの某居酒屋でありまして、帰るってんで駐車場から車を出そうとしたら、子猫が寄って来たのだそうです。

それがコットだったんです。

 

コットはぜんぜん物おじしない猫で、我が家に到着したその日からゆったりとしていました。というか、もう長くここに住んでます、な感じ。

コイツはただの猫ではない!と思いきや、
ただのノンビリ猫だったという。。。

そして約2年。
こんなに大きく成長しました。

コット0

当初は小虎(コトラ)という名前だったのですが、夫人が「コト~」と呼ぶようになり、私が「コット」と呼ぶようになり、いつしかコットに落ち着きました。

もう完全に家族と化しておりまして、、、

 

朝の寝床でおはよーさん。

コット1スマホのストロボが眩しかったみたいです。

 

PC作業の合間、私がトイレに行ってる間に、

コット2 コット君が机の上を占拠。
「記事書きおつかれ。」と言われてる気がしないでもない。

 

場所を譲る気はないらしい。

コット3

 

計画通り、というか、マイペースで眠り出す。

コット4

 

寝返りも打っちゃったりなんかして。

コット5寝返り~♪打って夢ん中~♪

 

やっと場所を空けてくれて、PC作業に戻り、、、

何やら視線を感じて振り返ると、、、

 

ギョッ!コットのアツい逆さ視線が。。。

コット6 生きてるよ~。

壁のボロボロはコットくんの爪とぎ訓練の成果です。

 

 

 

お腹が空いたら鳴きまくってゴハンの請求。

満腹になったら知らんぷり。

時々とんでもないところから部屋に入れろと窓の外で鳴く。

 

 

 

そんな猫ライフ。
いいね!

猫、ネコ、ねこ、大好きです。

 

うんうん、猫っていいよね♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.