表彰台とカップ
この記事はこんな人におすすめです。
  • みんなどんな趣味をやっているんだろう?
  • 自分に合った趣味を見つけたい
  • コレをやりたいけど、年齢や周りが気になってできない

シニア世代にとって趣味は大きな比重を占めるものだと思います。さて、60代・70代・80代、それぞれのシニアたちはどんな趣味に熱中しているのでしょうか?

スポンサーリンク

シニアの趣味ランキング|60代・70代・80代

60代の趣味ランキング

男性
一人旅
バイク(オートバイ)
自転車(サイクリング)
写真
在宅ワーク
電子工作(PIC)
神社・仏閣めぐり
株(株式投資・ミニ株)
ウォーキング
女性
一人旅
在宅ワーク
温泉めぐり
神社・仏閣めぐり
ウォーキング
刺繍(ししゅう)
アーチェリー
登山
心理学

70代と80代の趣味ランキング

70代
陸上競技
囲碁
ウォーキング
ボウリング
ゲートボール
パソコン
社交ダンス
ゴルフの打ちっぱなし
読書
80代
ウォーキング
楽器演奏
水彩画
クロスワードパズル
編み物
ガーデニング

平均寿命は今後も延びていくことが予想されます。90代の趣味ランキングを目にするのも近いかもしれません。

 

シニアって何歳から?

いったい何歳からシニアなのでしょうか?ビデオリサーチの意識調査ではこんな結果が出ています。

170227-01

画像引用:ビデオリサーチ

 

日本人の平均寿命の推移

日本人の平均寿命はこのように推移しているとか。

画像引用:長寿社会

「人生100年時代」なんて言葉が使われるようになりましたが、この表を見てると想像できなくもないですね。

 

スポンサーリンク

シニアから始めてもたいがいのことは出来まっせ!

体力と筋力をキープする、という目的で運動系の趣味もひとつは取り入れたいですね。

ロードバイク(サイクリング)なんかとてもいいと思います。バランス感覚や体幹を鍛えることが出来ます。
こんな方がいらっしゃいますよ。⇒ 最年長86歳が思い出の奥松島へ

シニアから新しい趣味を始めたとしても、ある程度の形にするだけのは時間は十分にあると思いまいます。要は、考え方&受け止め方なんじゃないでしょうか。

頭と体が働いてくれたら、大概のことは出来ますよね。頭を刺激、脳を刺激、そんな趣味もイイと思います。

  こんな趣味ってとっても良いんじゃないでしょうか。
将棋、囲碁、パズル
カラオケでボイストレーニング
パソコン、ギター、ピアノ
ウォーキング、ジョギング、陸上競技
筋トレ、テニス

過去に中途半端に終わってしまったことに再挑戦、なんていうのもいいですね。

例えば、高校数学を学びなおしてみる、調子が乗ってきたら数学検定を目指す、頂上には『1級』がありますからやり甲斐は十分だと思います。

もちろん趣味ですからね、ハードに頑張る必要なんてありません。自分のペースでモノにしていけばいいでしょう。

継続さえできれば、毎日のコツコツが積み重なって、ある日周囲をアッ!と言わせてしまうレベルにだってなれるでしょう。

自分で限界を作っちゃってませんか?

「おっしゃ、英語でもマスターしてみるか。」
と電球が点いても、

「でも、学生時代は英語は苦手だったからなぁ…」
みたいに自主的に壁を作ったりするのはもったいない。

【ココに画像】

 

170227-04

学生時代の苦手を克服する、くらい気構えで臨みたいですね。だって時間はタップリあるんですから。

 

自分の趣味を記録に残してみる

この場合の実用的は「お金になる」って事ではありません。まぁ、お金になればそれも良しですが。

  シニアからの趣味は、
没頭して楽しめる
多少苦しくても続けられる

この2つが大前提だと思います。

私が考える実用的っていうのは、
脳の回転数を落とさない
ある程度は俊敏に動ける
筋肉量を落とさない

の3項目を満たすことです。

例えば、筋トレやってる90代を私は知りません。
いたらぜったい面白いと思うので、私は90代のムキマンを目指します。

「終活」という言葉がありますが、趣味を極めていくというのも私にとっては終活のひとつです。

私の最終目標は、
元気に畳の上で死ぬ
ことです。

そのために常に「気」のバリアーを張るように心がけています。

いつものように眠りについて、タイミングが訪れたらサッサと天国へ旅立つ。そんな人生の閉じ方ができたら最高だなと思っています。
このニュアンス伝わって欲しい。

 

まとめ

もうすでに本格的に趣味に取り組んでいらっしゃるシニアさんもおいでかも知れません。
選択肢が多すぎて迷ってるっていう方もおいででしょうね。

子供の頃から好きなこと。
長くやっても苦にならないこと。
そんな基準で趣味を選ぶのもひとつの方法です。

 

この記事が趣味を選ぶ参考になればこんなにうれしいことはありません。ぜひ自分に合った最高の趣味を見つけてくださいね。

この記事のタイトルとURLを
コピーする
スポンサーリンク
おすすめの記事