~弾き語りからアコギソロまで〜

シニアギターコンクールに出場しちゃって舞台度胸をつけよう!

 
170317-00
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

やったるゼ!
舞台度胸をつけたい!
心臓に毛を生やしたい!

そんな思いがメラメラと心の中で燃えているシニアはぜひコンクールに挑戦してみて下さい!

あの日あの時以来の緊張感。
大仕事が終わった後の脱力感。

いっぱいタップリ感じることができると思いますよ。

2017年 国内11ギターコンク-ル

20170317-01 すべて2017年の内容です。開催時期の早い順に上から並べてあります。
もう締め切られているのもありますが、毎年大きく変わることはおそらくないと思うので、開催の時期などは参考になるかと思います。

録音審査の有無をそれぞれ書きました。録音審査の申し込み締め切りは本選より早いので、各ホームページで確認してくださいね。

どんなコンクールがいつあるのか?
この上の目次まで戻って確認してください。

各コンクールの詳細
見出し下のコンクール名をクリックして、とび先のホームページで確認してください。
見づらいホームページもありますが、よく見ると案内リンクが表示されています。このページはその内容をもとに作成しました。

2017年版の日程を参考にしていただいて、心の準備が整ったと思える時に挑戦してみたら、きっときっと楽しいと思います♪
あなたのより良きシニアギターライフのお役に立てたら幸いです。

 

第3回 オールジャパンギターコンクール 東京 4月

オールジャパンギターコンクール
会場:きゅりあん小ホール(JR 大井町駅中央口より徒歩1分)
開催日(本選):2017年4月16日
参加費:10,000円
録音審査:ナシ

第1次予選 ’17年地区予選実演
北海道から九州までの広い範囲で行われています。日時はホームページで確認してくださいね。

 

第8回 J. S. バッハ国際ギターコンクール 東京 4月

J. S. バッハ国際ギターコンクール
会場:江戸川区東部フレンドホール(都営地下鉄新宿線「瑞江駅」徒歩2分)
開催日(本選):2017年4月30日
参加費:13,000円
録音審査:アリ 第一次予選は録音審査

 

第48回 クラシカルギターコンクール 東京 5月

クラシカルギターコンクール
会場:中央区立日本橋公会堂(東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1)
開催日(本選):2017年5月3日
参加費:12,000円
録音審査:アリ 第一次予選は録音審査

 

第25回 山陰ギターコンクール 鳥取 5月

山陰ギターコンクール
会場:米子市文化ホール(鳥取県米子市末広町293)
開催日(本選):2017年5月4日
参加費:15,000円
録音審査:アリ 第一次予選は録音審査

 

第12回 シニアギターコンクール 茨城 5月

シニアギターコンクール
会場:ギター文化館(茨城県石岡市柴間431-35)
開催日(本選):2017年5月4日
参加費:12,000円
録音審査:ナシ

 

第44回 日本ギターコンクール 大阪府 8月

日本ギターコンクール
会場:大阪市北区西天満 4-15-10(あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー内)
開催日(本選):2017年8月5日
参加費:13,000円
録音審査:アリ 第一次予選は録音審査

 

第18回 全日本アマチュアギターコンクール 東京 8月

全日本アマチュアギターコンクール
会場:三鷹市芸術文化センター(風のホール)
開催日(本選):2017年8月19日
参加費:10,000円
録音審査:アリ 第一次、二次予選は録音審査

 

第24回 埼玉ギターコンクール 埼玉 9月

埼玉ギターコンクール
会場:さいたま市民会舘うらわ8階コンサート室
開催日(本選):2017年9月23日
参加費:12,000円
録音審査:ナシ

 

名古屋ギターコンクール 愛知 10月

名古屋ギターコンクール
会場:広小路ヤマハホール(ヤマハミュージック リテイリング名古屋店7階)
開催日(本選):2017年10月29日
参加費:13,000円
録音審査:アリ 第一次予選は録音審査

 

第63回 九州ギターコンクール 福岡 10月

九州ギターコンクール
会場:2016年は「西南学院大学コミュニティセンター」
開催日(本選):2017年11月ごろ
参加費:ホームページより問い合わせてください
録音審査:アリ 第一次予選は録音審査

 

第60回 東京国際ギターコンクール 東京 12月

東京国際ギターコンクール
会場:2016年は「白寿ホール/東京・代々木八幡」
開催日(本選):2017年12月(おそらく)
参加費:ホームページより問い合わせてください
録音審査:ナシ(たぶん)

 

どんな人が出るのか?(想像)

家庭環境に恵まれていて、3歳からやっていて、もうギターの練習は当たり前の日課になっていました。
みたいな人もいるかも知れません。

そんなお方たちはサラサラと弾いてしまうかも知れません。

170317-02でも、立ち止まって考えてみましょう。
そんなスーパープレイヤーが出場するかも、って考えることに果たしてどれだけの意味があるのでしょうか。

すべては自分との戦い。
自分との勝負です。

コンクールという緊迫した舞台で自分が演奏する。
ちょっと前まで想像もしなかったこの状況。

オレってスゲェーーーっ!!!

こんな感じで楽しんだら良いと思います。
自己評価で不本意な結果で終わったのなら、また挑戦すればいいだけの話です。時間はたっぷりあるさ、と思いましょう。

 

出場者の心境は?(想像)

私事ですが、去年の11月に2つのギター教室の合同の発表会がありまして、私も参加しました。聴衆はそれぞれの家族が30人程度。

それでもアガります。
練習では指が問題なく動いても、ステージでは神経に鉛でも流し込まれたみたい。
カックン、ぽてっ、ビビ~ン、、、
すべての出場者が例外なく演奏のスタートはこんなもん。

途中からだんだん慣れてはきましたが。。。

コンクールもきっとこんなもんだろうと思います。
だから日頃の練習が必要なんです。頭が何も考えなくても、体がプログラミングされたみたいに動く。そこを目指すのが正解ではないかと思います。

 

出場することにどんな意味がある?

かなり大きな意味があると思いますよ。

審査員はプロのギタリストさんでしょうから、2個×人数、のプロの目線の中で演奏するっていうのはピリピリ感マックスだと思います。

そんな状況だからこそ、心臓の周囲の毛母細胞が刺激されて、心臓に毛が生えるのだと思います。
何本かは心臓に毛を生やしたいですよねー。

そして、待っている嬉しい結果は、
人前で弾いてもアガらない。
これこそがコンクール出場の本当の意味じゃないかと思いますよ。

【クラシックギターの歩き方】に戻る

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.