~弾き語りからアコギソロまで〜

山本コウタローとウィークエンド『岬めぐり』といえばスリーフィンガーピッキングの草分け

 
山本コウタローとウィークエンドの岬めぐり
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

山本コウタローとウィークエンド『岬めぐり』
この曲との出会いで感じた第一印象は、衝撃というよりも煌びやかにして爽やか、そんな印象でした。

山本コウタローさんご本人もなかなかインパクトのある方でしたよ。

はい、そんな話を盛り込みながら本編へと参りましょう。

山本コウタローとウィークエンド『岬めぐり』は出だしでキメよう

山本コウタローとウィークエンド『岬めぐり』の特徴は2つ。

いきなりスリーフィンガーピッキングで始まる
なので、スリーフィンガーピッキングはマスターしなくてはなりませぬ。ここでマスターしておけばね、この奏法はいそいそな曲で使われているので応用が利きますよ。

リコーダーが大活躍
スリーフィンガーピッキングに乗せてリコーダーでイントロが始まります。
小学校頃にピーピー吹きながら帰った、あのリコーダーですよ。何とも爽やかな起用ではありませんか。

山本コウタローとウィークエンド『岬めぐり』

 

岬めぐり:歌詞
あなたがいつか 話してくれた
岬を僕は たずねて来た
二人で行くと 約束したが
今ではそれも かなわないこと

岬めぐりの バスは走る
窓に広がる 青い海よ
悲しみ深く 胸に沈めたら
この旅終えて 街に帰ろう

幸せそうな 人々たちと
岬を廻る ひとりで僕は
くだける波の あの激しさで
あなたをもっと 愛したかった

岬めぐりの バスは走る
僕はどうして 生きてゆこう
悲しみ深く 胸に沈めたら
この旅終えて 街に帰ろう

岬めぐりの バスは走る
窓に広がる 青い海よ
悲しみ深く 胸に沈めたら
この旅終えて 街に帰ろう

歌詞参照はコチラ

 

山本コウタローさんのプロフィール

山本 厚太郎(やまもと こうたろう)、1948年9月7日生まれ
日本の歌手、タレント、白鴎大学教授
・東京都千代田区出身
・千代田区立麹町中学校
・東京都立日比谷高等学校
・一橋大学社会学部卒業
大学での講義の人気は高いそうです。

Wikipedia参考

こんなに賢い人だったのぉ!と知った当時は驚きましたよ。

ではでは、次を参考に、『岬めぐり』のスリーフィンガーピッキングを練習してみて下さいね。

 

『岬めぐり』のスリーフィンガーピッキングを攻略しよう

スリーフィンガーピッキングの練習

 

練習のポイント

イントロからのコードの流れ
G → D → Em、、、となっています。

ベース音(ルート音)はそれぞれ次のようになります。
G → ベース音はG → ソ
D → ベース音はD → レ
Em → ベース音はE → ミ
※ベース音は低い音を選びます。

曲の進行に合わせてベース音は変化しますが、1弦、2弦、3弦、はすべて同じように弾いて下さい。

これ、覚えておくと良いでしょう。
C(ド)、D(レ)、E(ミ)、F(ファ)、G(ソ)、A(ラ)、B(シ)

このサイトがとても参考になります。
歌詞とコードが一緒に見れるので、練習には最適です♪

 

スリーフィンガーピッキングは自由でオッケー

なのですが、スリーフィンガーピッキングにまだ慣れていない人は上の動画の通りにやってみましょう。

ここでコツをつかんだら、ほかのスリーフィンガーの曲にもチャレンジしてみてください。

フォークソングでスリーフィンガーを取り入れた名曲はたくさんあります。
チューリップ『サボテンの花』(ドラマ・ひとつ屋根の下/パート2 主題歌)
シグナル『20歳のめぐり逢い』
かぐや姫『赤ちょうちん』

まだまだたくさんあるので、探してみるのも楽しいと思いますよ♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.