~弾き語りからアコギソロまで〜

【開催中!】70年代フォークソングランキングBEST10 思い出劇場の始まり始まり~♪

 
70年代フォークソングランキングとキャンドル
この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

70年代のフォークソングを勝手にランキングしてみましたよ。
70年代はフォークソングブームの真っただ中であります。ランキングするのに困るくらい名曲が溢れていましたよね。

その名曲群の中から、ここは管理人の好みでチョイスさせていただいたのですが、これでもほんの一部なんです。
やっぱりあの頃は心に響くメイドインジャパンの楽曲がたくさんあったのです。

それでは心の準備はよろしいでしょうか。あの頃青春男女の皆さんには涙チョチョ切れの曲がてんこモリモリで登場しますよ♪

70年代 フォークソング ランキング

ドラマに使われた曲とかもあるので、「え?この曲、70年代の曲だったの?」、若い人にはそんな発見があるかも知れません。

歌詞、サウンド、すべてが懐かしく、すべてが素敵です。

取りあえず数字は振っていますが、順位を表すものではありません。すべて甲乙つけがたい名曲です。

1. 22才の別れ・風 75年|この曲は風バージョンが最高

正やんの声、アルペジオの響き、まさに昭和のフォークソングです。

2. 『いちご白書』をもう一度・バンバン 75年|あの頃の一発屋

バンバンの曲は私の中ではこれしかありません。でも、本当に濃い1曲です。
この曲が売れ過ぎたのかも知れませんね。他の曲が霞んでしまいました。

ばんばひろふみさんはその後ソロとして独立。『サチコ』などのヒット曲があります。

3. ふれあい・中村雅俊 74年|変な歌い方になっちゃって残念

残念ながら当時のオリジナル音源が見つかりませんでした。
この動画、こもってる感じで歌ってるんです。ストレートに声を出してもっと元気よく歌って欲しいなぁ。。。

時を経てこんなふうに変な歌い方になっちゃう歌手さん多いですよね。もったいなや。。。
中村雅俊よお前もか。。。ボイトレしてないのかなぁ。

4. 旅の宿・吉田拓郎 72年|メロウなエロスを感じる作品

旅の宿:歌詞 作詞:岡本おさみ 作曲:吉田拓郎

浴衣の君は尾花の簪
熱燗徳利の 首つまんで
もういっぱい いかがなんて
みょうに色っぽいね

ぼくはぼくで あぐらをかいて
きみの頬と耳は まっかっか
ああ 風流だなんて
ひとつ俳句でもひねって

部屋の灯を すっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったっけ
ひさしぶりだね 月見るなんて

ぼくはすっかり 酔っちまって
きみの膝枕に うっとり
もう飲みすぎちまって
きみを抱く気にも なれないみたい

歌詞参考:歌詞タイム

はい、これはオリジナルですよ。イントロからがっちりハートを握られてしまうと思います。

岡本おさみさんが新婚旅行の時に歌詞を書いたのだそうですが、結婚してないカップルの旅、という設定の方が味がある気がします。

5. 結婚しようよ・吉田拓郎 72年|あの頃の結婚式の定番曲

結婚しようよ:歌詞 作詞:吉田拓郎 作曲:吉田拓郎

僕の髪が肩までのびて
君と同じになったら
約束どおり町の教会で
結婚しようよ MMMM

古いギターをボロンと鳴らそう
白いチャペルが見えたら
仲間を呼んで花をもらおう
結婚しようよ MMMM

もうすぐ春がペンキを肩に
お花畑の中を散歩にくるよ

そしたら君は窓をあけて
エクボを見せる僕のために
僕は君をさらいにくるよ
結婚しようよ MMMM

雨が上がって雲のきれ間に
お陽様さんが見えたら
ひざっこぞうをたたいてみるよ
結婚しようよ MMMM

二人で買った緑のシャツを
僕のおうちのベランダに
並べて干そう
結婚しようよ僕の髪はもう
すぐ肩までとどくよ

歌詞参考:J-Lyric.net

結婚式常連だったのもわかります。内容がピッタンコ!ですもんね。
 

スポンサードリンク

6. 僕の胸でおやすみ・かぐや姫 73年|心に染み入る歌

僕の胸でおやすみ:歌詞 作詞:山田つぐと  作曲:山田つぐと

君の笑顔の むこうにある悲しみは
僕のとどかないところに
あるものなのか
ふたりで歩いてきた道なのに
なんて淋しい
古いコートは捨てて
僕の胸でおやすみ

春はおとずれ そして去っていく
変わってしまう悲しみは
僕も知っている
この船であてのない
ふたりならば
古いコートは捨てて
僕の胸でおやすみ

ふたりで歩いてきた道なのに
なんてさびしい
古いコートは捨てて
僕の胸でおやすみ
僕の胸でおやすみ

歌詞参考:歌詞タイム

7. サボテンの花・チューリップ 75年|ドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌

歌詞:サボテンの花 作詞:財津和夫 作曲:財津和夫

ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に
編みかけていた手袋と  洗いかけの洗濯物
シャボンの泡がゆれていた 君の香りがゆれてた

たえまなくふりそそぐ この雪のように
君を愛せば よかった
窓にふりそそぐ この雪のように
二人の愛は 流れた

思い出つまったこの部屋を 僕も出てゆこう
ドアにかぎをおろした時 なぜか涙がこぼれた
君が育てたサボテンは 小さな花をつくった
春はもうすぐそこまで 恋は今終った

この長い冬が 終るまでに
何かをみつけて 生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまで

この長い冬が 終るまでに
何かをみつけて 生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまで

ララララ…………

歌詞参考:うたまっぷ

これもスリーフィンガーが入っています。

歌詞に流れがあって、ストーリーになっている。こういうしっかり作られた歌を聞くとホッとします。

8. 心の旅・チューリップ 73年|チューリップといえばこの曲

ボーカルは姫野 達也(ひめの たつや)。
この曲がヒットしてチューリップはメジャーバンドになります。

あれ、なに、姫野さん、どうしちゃった訳?
なんてことを考えながら、シニアのオジさんもオバさんも懐かしくこの歌を楽しんで下さいね。

みんな同じように変化していくから、人生って面白い♪

9. あの素晴しい愛をもう一度 71年|キラキラなフォークソングの入門曲

あの素晴らしい愛をもう一度:歌詞 作詞:北山修 作曲:加藤和彦

命かけてと 誓った日から
すてきな想い出 残してきたのに
あの時 同じ花を見て 美しいといった
二人の 心と心が 今はもうかよわない

あの素晴らしい 愛をもう一度
あの素晴らしい 愛をもう一度

赤とんぼの歌を 歌った空は
なんにも かわって いないけれど
あの時 ずっと夕焼を 追いかけて行った
二人の 心と心が 今はもうかよわない

あの素晴らしい 愛をもう一度
あの素晴らしい 愛をもう一度

広い荒野に ぽつんといるよで
涙が 知らずに あふれてくるのさ
あの時 風が流れても かわらないといった
二人の 心と心が 今はもうかよわない

あの素晴らしい 愛をもう一度
あの素晴らしい 愛をもう一度

歌詞参考:J-Total Music

昭和フォークソングの走り、という感じの良く知られた名曲です。キラキラのスリーフィンガーが始まっただけでこの曲ってすぐわかりますよね。

コード付きなので、スリーフィンガーピッキングで弾き語っても楽しいと思いますよ♪

10. 知床旅情 70年|東大卒波乱万丈のシンガーソングライター加藤登紀子のしっとり歌声

知床旅情:歌詞 作詞:森繁久彌 作曲:森繁久弥

知床の岬に ハマナスの咲く頃
思い出しておくれ 俺たちの事を
飲んで騒いで 丘に登れば
はるかクナシリに 白夜は明ける

旅の情(なさけ)か 飲む程にさまよい
浜に出てみれば 月は照る波の上
今宵こそ君を だきしめんと
岩陰によれば ピリカが笑う

別れの日は来た ラウスの村にも
君は出てゆく 峠をこえて
忘れちゃいやだよ
気まぐれカラスさん
私を泣かすな 白いかもめよ
白いかもめよ

歌詞参考:うたまっぷ

画質はともかく、音質がとても良い。なんか加藤登紀子さんの声って落ち着きますよね。

こういう人が波乱万丈の道をズンズン行くんですからね。人間って面白いですよね。

ご本人はやりたいようにやってるだけかも知れません。平凡に見えてサラリと周囲をビックリさせる人っていますよね。

 

まとめ

70年代フォークソングの名曲たち、いかがでしたか。
まだまだたくさんありますよ。

現在の中学生や高校生でも、昭和の歌が大好きという子もいたりします。

48シリーズの少女軍団に席巻されてしまってるかと思いきや、素性の良い音楽がわかる、素性の良い音楽がわかる、素性の良い音楽がわかる若い子たちがいるというのはとても心強く感じます。

ストロークでジャカジャカ弾き語る今どきの曲も良いとは思いますが、昭和のフォークソングの名曲も、アルペジオやスリーフィンガーピッキングで歌い継いでいって欲しいですよね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アコギ仲間を増やしたい!アコギが弾けるシニアさんが増えて欲しい!いつもそんなことを考えながら記事を書いているよ。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. Mee(ミー) より:

    懐かしいですね。
    全曲空で歌えそうですw

    ギターの弾き語りが大好きです。(自分は引けないので聴くだけですが)
    Fが押さえきれずに挫折したくちですが、
    こちらへお邪魔して50の手習いもいいかもと思った次第です。
    子守歌代わりに森田童子の「たとえばぼくが死んだら」って曲を好んで聴きます。
    暗いイメージですが、声のトーンとイントロのアルペジオが大好きで・・・
    この曲だけでもと思い、弾き語りで検索していたらこちらへたどり着きました。
    「スタンドバイミー」なんて弾けたら最高でしょうね。

    音楽は心を癒してくれます。
    今日は素敵な夢が見れそうです。
    長々と失礼しました。
    また、時々お邪魔させていただきます。

    • Mee(ミー)さん、コメント有難うございます!
      猫2匹と飛び上がって喜んでいます♪^^

      Fコードですが、感性を焦らずもう一度挑戦してみて下さい。
      以下を参考にしていただけると幸いです。
      ギターFコードの押さえ方は人差し指がポイント
      ぜひぜひ、出来るまで続けてみて下さい。

      森田童子って、摩訶不思議な登場、私はそんな印象でした。か細い声とメロディー、歌詞、独特な世界観は一発で記憶に残りました。
      これを機に弾き語りをモノにしてみませんか?
      「たとえばぼくが死んだら」のイントロのアルペジオを自分でやっちゃうってステキですよね。

      嬉しいお言葉に感謝、です。
      またいつでもおいで下さいませ。
      ではでは、失礼致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アコギ入門・シニアの挑戦 , 2017 All Rights Reserved.